年齢がある程度高い


ベテラン家庭教師というのは、やはりある程度経験を積んでいる人になるので、一般の家庭教師に比べて年齢が高い傾向にあります。 もちろん定年退職をした人が家庭教師を行うことはまずありませんが、どんなに若くても20代後半から30代以上は確実だと思ってよいでしょう。 やはり30代から40代ぐらいの人が多い傾向にあります。それだけ経験を積んでいるのですから、あまり年齢は気にしないという人もいるでしょう。


しかし、家庭教師を頼む人の多くが受験対策なので、ある程度受験を経験してから年月が経過していない若い家庭教師を希望する人もいます。 また、年齢が近ければ、それだけ親近感が持てるという子供も多いでしょう。 このように一長一短があるので、ベテラン家庭教師だから全てがよいというわけではありません。


ベテラン家庭教師の場合には、担任の先生と同じぐらいの年代であることも珍しくはないでしょう。 逆にその方が教えてもらいやすいという人もいるので、やはり家庭教師を頼む前には、子供ときちんと話し合いをしてから決めるべきです。 ただし、ベテラン家庭教師は経験が豊富なだけではなく、子供の性格や得意分野などによっていろいろな教え方ができるので、料金は高いですがその分伸びる可能性は高いでしょう。